肝機能改善の効果があると有名なタウリン,オルニチンに副作用はあるのか?

まず、結論から言わせていただきますと、タウリンに関しては医学的に「過剰摂取による副作用はない」とされています。

実際は、取り過ぎた分が汗や尿としてキッチリ体外に排出されるので、副作用が確認できるほどの量が身体に溜まるということがまずないのです。

一方で、オルニチンには残念ながら「過剰摂取による副作用はある」とされています。と言っても10g以上で胃痛や下痢の症状が確認されている程度です。

では、この10g以上というのはどの位の量なのか、オルニチンの含有量が圧倒的に多い食材である「シジミ」で説明させていただきます。

シジミには100gあたりで約10mg~15mgのオルニチンが含有されています。そうすると10g以上のオルニチンをシジミで摂取するには100kg近く食べなければなりません。これは普通では不可能な数字です。

そもそも、肝機能を高める効果を発揮するオルニチンの一日の摂取目安量が400mg~1、000mgとされていて、この時点で普段の食生活では摂取が難しいので「濃縮サプリなどでオルニチンを摂取していないのであれば副作用を気にする必要は全く無い」というのが最終的な結論になります。

最後にオルニチンに係わらず各種サプリhttp://www.tigerpower.com.tw/の副作用対策といたしましては一日の摂取量をしっかり守ることが最大の対策なのだと肝に銘じてください。

 

大根やしじみを積極的に食べて肝機能の回復を目指そう!

肝臓は、脂肪を分解する胆汁をつくる働きや解毒作用を持つ臓器です。肝臓の機能を回復させるには、栄養価の高い食品をキッチンに常備しておき、上手に食事に取り入れるようにするのがおすすめです。

和食で使われる食材には、肝機能回復に役立つものが数多くみられます。しじみに含まれるオルニチンは、有毒物質を無毒化し、肝臓の働きを正常化させる効果を持っています。

自律神経の乱れが原因で肝機能が低下している場合には、体を温めて体の巡りを改善する大根がおすすめです。また、小魚やめざし、ししゃもといった骨ごと食べる魚には、善玉カルシウムが豊富に含まれていて、弱っている肝機能を回復させてくれる効果が期待できます。

和の食材には、乾燥させることで常温での長期保存を可能にした食材も多いので、キッチンの棚に買い置きしておくようにしましょう。

旬を迎える秋から冬にかけての栄養価の詰まった大根を原材料とした切干大根は、煮物にするのが定番ですが、炒め物や酢の物にしても美味しく食べられます。